ホエールウォッチングで間近でクジラを見る方法

せっかく見に行くならクジラを間近で見たいものです。 - ホエールウォッチング

アーカイブ

ツアー案内

http://okinawa-sunplaza.com/whale/index.html
http://www.hta.co.jp/campaign/cam_oka_kujira.html

更新情報

ホエールウォッチング

鯨はかつて様々な理由から捕獲の対象となっていました。
日本でもクジラの肉を食用としていた時期がありプラスチックがなかった頃はその代わりに用いられていました。
鯨の油は石鹸の原料やグリセリン原料に使われました。
もちろん、クジラを捕獲していたのは日本だけではありません。
ですが、絶滅に瀕しているのも事実です。

このようなクジラを今後は観光の対象としているのがホエールウォッチングです。
特にホエールウォッチングが盛んなのが沖縄です。
沖縄ホエールウォッチングでは冬の観光の柱としてホエールウォッチングを勧めています。

ホエールウォッチングに適しているのは1月から3月の冬の間とされています。
元々はアメリカのサンディエゴがホエールウォッチングの発祥の地でした。
当時では1ドルでコククジラウォッチングをさせるボートがありこれが現在の一番近い形と言えます。
これをきっかけに周辺の海でも同様の観光が発生しました。vtdbf051
1971年にはセントローレンス川でナガスクジラやシロイルカなどを対象にしたホエールウォッチングが始まっています。
このホエールウォッチングはニューイングランドでは、重要な産業の1つに発展しましたが、1985年にはカルフォルニア州に観光者数において逆転しました。

1月から3月はホエールウォッチングに最適なシーズンです。
特に沖縄ではホエールウォッチングに力を入れています。
沖縄ホエールウォッチングには多彩なプランが用意されています。

ホエールウォッチングには船を使って行います。
この船にクルーザーを使用しているプランもあり、クルーザーでの移動は波による揺れが最小限に抑えられるので小さいお子様と一緒に参加することができます。

プランによっては無料で飲み物が用意されていたり、船酔いのためのエチケット袋が用意してあったりします。

さて、ホエールウォッチングでは希少になっているクジラを保護するため、いくつかのルールを取り決めています。
移動中の船の速度やクジラとの接し方などになります。
これらのルールは必ずしも守られているかと言えば疑問ですが、クジラの保護のためにも守って参加しましょう。vtdbf9

プランの中にはクジラと会えないと全額を返金するというものもあります。
また、会えない場合は再度、トライしてくれるところもあります。
いろいろ検討して参加を申し込んでください。
ホエールウォッチングにはクジラ専門のガイトがついていることがあります。
普段はあまり見ることができない基調なシーンに出会うことができますよ。

Copyright(C)2014ホエールウォッチングで間近でクジラを見る方法All Rights Reserved.